「InterBEE2016」出展のご案内

2016年10月19日


2016年11月16日(水)~18日(金)の3日間、幕張メッセで開催される「InterBEE2016」に出展いたします。この展示会は国内外のトップレベルの放送機器、映像機器、音響機器、周辺アプリケーションやソリューションが一堂に集まる国際展示会です。昨年は、3日間で35,646人の来場者がありました。

ニコンシステムブースでは、主に、放送事業者様、通信事業者様、ポストプロダクション様向けに「デジタル・コンテンツ制作支援ソリューション」をテーマとして、以下を展示いたします。

  • 映像評価ソリューション「VQ-Revolution」の新製品(アナログテープ品質検査システム)
  • マルチカメラコントロールシステム(複数台のデジタルカメラをリモート制御するシステム)

  • これらニコンシステムの製品により「映像品質チェックの効率化」「新たな映像表現の獲得」が可能となります。

    【主な出展製品】

    下記製品を中心としたソリューションで映像品質に関わる課題を解決します。

    • アナログテープ品質検査システム「VQ-BB20S」

      アナログテープの品質をリアルタイムで検査できるシステム。テープノイズを自動で検査できます。
      映像アーカイブシステムとの連携によって貴重なアナログテープのファイル変換作業を効率化!

    • ベースバンド・コンテンツ品質検査装置「VQ-BB10」

      映像素材の品質をリアルタイムで検査できる装置。光点滅・ラウドネス・テープノイズ等を自動で検査
      できます。番組・CM等の完パケ及び受入検査やDVD/BD用のマスターテープのノイズチェックに最適!

    • 「HEVC/H.265コーデックアナライザー」

      HEVC/H.265規格に準拠したデータを解析するソフトウェア。映像製品開発時の互換性検証やパフォーマンス
      の最適化、トラブルシューティング時の原因究明など、研究・製品開発の現場を強力にサポート。

    • 分析的画質評価ツール「VQ-1200」

      画質の劣化現象を「ぼやけ」、「ブロック歪」、「ノイズ」、「フリッカー」等の尺度で画質評価するソフトウェア。
      エンコードによる映像劣化状態をリファレンス/ノンリファレンスで客観的に定量評価。

    • 下記製品により新たな映像表現が可能となります。

    • 「Multi CameraControlSystem」

      複数のニコンデジタル一眼レフカメラをパソコンから制御するリモート撮影ソフトウェア。
      最大12台まで接続し多視点同時撮影可能。パソコン上でカメラのライブビュー映像を
      見ながらの撮影やカメラ毎のスケジューリング撮影が可能。
      尚、お客様のご用件に合わせて、接続台数や仕様をカスタマイズいたします。


    是非とも弊社ブース【小間番号:6401】にお立ち寄り下さい。

    【開場時間】
    11月16日(水)10:00~17:30
    11月17日(木)10:00~17:30
    11月18日(金)10:00~17:00

    【会場】
    幕張メッセ
    〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1

    【オフィシャルHP】

     →こちらから事前登録ができます。