「Connected Media TOKYO2016」出展のご案内

2016年5月20日

2016年6月8日(水)~10日(金)の3日間、幕張メッセで開催される「Connected Media Tokyo2016」に出展いたします。放送関連事業者やインターネットサービス事業者の方にとっては、最進の映像機器や技術を一度にチェックできる展示会です。昨年は、3日間で136,341人の来場者(同時開催イベントを含む)がありました。

ニコンシステムブースでは、「高品質映像制作の強力サポート」および「映像品質の見える化」をテーマとした映像評価ソリューション「VQ-Revolution」の新製品群を展示します。

【主な出展製品】

  • ベースバンド・コンテンツ品質検査装置「VQ-BB10」

    映像素材の品質をリアルタイムで検査できる装置。光点滅・ラウドネス・テープノイズ等を自動で検査
    できます。DVD/BD用のマスターテープのノイズチェックに最適!

  • アナログテープ品質検査システム「VQ-BB20S」

    アナログテープの品質をソフトウェアでリアルタイムに検査できるシステム。テープノイズを自動で検査できます。
    映像アーカイブシステムとの連携によってアナログテープのファイル変換作業を効率化!

  • 「HEVC/H.265コーデックアナライザー」

    HEVC/H.265規格に準拠したデータを解析するソフトウェア。映像製品開発時の互換性検証やパフォーマンス
    の最適化、トラブルシューティング時の原因究明など、研究・製品開発の現場を強力にサポート。

  • 分析的画質評価ツール「VQ-1200」

    画質の劣化現象を「ぼやけ」、「ブロック歪」、「ノイズ」、「フリッカー」等の尺度で画質評価するソフトウェア。
    エンコードによる映像劣化状態をリファレンス/ノンリファレンスで客観的に定量評価。

  • 上記製品を中心としたソリューションで映像品質に関わる課題を解決します。
    是非とも弊社ブース【小間番号:6T11】にお立ち寄り下さい。

    【開場時間】
    6月8日(水)10:30~18:00
    6月9日(木)10:00~18:00
    6月10日(金)10:00~17:00

    【会場】
    幕張メッセ

    【オフィシャルHP】

     →こちらから事前登録ができます。