「IMC TOKYO 2011」出展のご案内

2011年6月1日

昨年に引き続き、2011年6月8日(水)~10日(金)の3日間、幕張メッセで開催されます「IMC TOKYO2011」に出展いたします。放送関連事業者やインターネットサービス事業者の方にとっては、最新の映像機器や技術を一度にチェックできる展示会です。昨年は、3日間で131,771人の来場者(同時開催イベントを含む)がありました。
ニコンシステムブースでは、映像評価ソリューション「VQ-Revolution」として映像品質の「見える化」をテーマに新製品等を展示します。

【当社出展製品】

  • 映像ノイズ検出装置「VQ-RT101」

    テープ素材特有のノイズをリアルタイム検査できる装置。
    DVD/BD用のマスターテープのチェックに最適!

  • コンテンツチェッカー「VQ-500」

    ファイルベースワークフローにおけるコンテンツの品質チェックを自動化。
    動画配信コンテンツの自動検査に最適!

  • 分析的画質評価ツール「VQ-1200」

    エンコードによる映像劣化をフルリファレンスで映像品質を客観的に定量化。

上記製品を中心としたソリューションでデジタル化に向けた課題を解決します。
是非とも弊社ブース【 小間番号 : 6A04 】にお立ち寄り下さい。

【開場時間】
6月8日(水)10:30~18:00
6月9日(木)10:00~18:00
6月10日(金)10:00~17:00

【会場】
幕張メッセ
〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1